続!仁義無き、パンサー日記

パンサーさんの優雅で華麗な日々
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
SEARCH
<< 2009年の年賀状は見せるだけ | main | ホワイトデイ1週間前の奇跡 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
フォールアウト3日記01・パンサーさんシェルターからこんにちは。
CA390047-0001.jpg
オブリビオンは日記に書かなかったが大分前に終わらせていた。いま書こうと思う。

ハッピーエンドだった。良かった。

というわけで何かオブリビオンを作ったスタッフがまた何か作ったというので遅ればせながら俺もやってみようと思う。
日記は儀式みたいなものだ。多分また書かなくなるかもだがとりあえず飽きるまで書いてみよう。
フォールアウト3は核戦争後の荒廃した世界を舞台に危険過ぎる冒険を繰り広げる剣と魔法ならぬSFとマッドマックスの自由型RPGである。…だよな。

ゲームスタート!(ぱくり)

いきなり赤ん坊の声がする…俺だった。
オレはいま産まれたばかりらしい。当然何もできないので目の前の父親から話しかけられ続けるだけだ。名前を決めてもらった。(自分で入力)
大人になった顔が見られた。(自分で作れる)
前々から思ってたけどマイキャラ自分で顔作れるのっていいよな。似てても似てなくても愛着がわくよ。…一重まぶたにはならないのか?
言うまでもなく写真が今回シェルター内で産まれたばかりのパンサーさんだ。
嬉しそうに母親と俺に交互に話しかける父親。家族を心から愛しているのだ。だが、俺は知っているのだ。彼は俺が一人前になるころにシェルターから失踪してしまう事。そして俺は父を探す旅に出ることを…
パッケージの裏側に書いてあったからね。
この出産の直後母親は死亡した。

1年後。まだまだ赤ちゃんの俺。
チュートリアルのやり方がうまいな。なるほど良いゲームだ。(感想)
父親は相変わらず俺に愛情を注ぎ続けている…一番つらいのは父親だろうに。えらいでちゅ。

さらに9年後。俺は10歳になりやっと人と会話ができるようになった。今日はオレの誕生日だ。父親とアマダという女の子がパーティーを主催してくれたようだ。ありがとう。
会話に選択肢がうまれた。俺は自分のキャラを演じなければならない。
どんなキャラにしようかととりあえず当たり障りのない会話を選びながら迷っていると明らかないじめっ子キャラと出会った。なんでこんな奴が俺のパーティーにいるんだ?パンサーさんの怒りがスパークした!

その時俺は迷っていた。いい子ちゃんぶるか、それとも悪い子ちゃんぶるのか。前者なら大変気持ちのよいゲームとなり後者であれば何故このゲームが18禁であるのかよくわからせてくれるはずだった。

だがしかし今、この目の前にいる“ブッチ”とかいうクソガキはさんざん悪態をついたあげくに俺のパーティーの俺の誕生日プレゼントだった俺のロールケーキを奪おうとさえしているのだ。

「消えろ、ブッチ。」それが俺が選択した返事だった。

一瞬あっけに取られたがしかし、すぐに薄笑いを取り戻したブッチは「どうなるか分かってんだろうな?」とスゴ味を利かせながらゆっくりと立ち上がるのだった。


つづく
| the☆panther (みうら) | - | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ウェスカー (2009/03/13 1:01 PM)
よっす、パンサー久しぶり。このゲームアレだろ、今噂のヤクザになって極道アニキやチンピラやニートやDTをキャバクラの看板でぶん殴ったりするヤツだろ?おっもしろそー!









url: http://panther4444.jugem.jp/trackback/587
赤ちゃんの名前
赤ちゃんの名前は姓名判断でいい名前をつけてあげましょう。
| 赤ちゃんの名前 | 2009/03/30 11:30 AM |