続!仁義無き、パンサー日記

パンサーさんの優雅で華麗な日々
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
SEARCH
<< フォールアウト3日記02・子供時代の終わり | main | フォールアウト3日記04・大空の下で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
フォールアウト3日記03・シェルターを離れて
寝てたら幼なじみの女に叩き起こされた。彼女の名前はアマタ。新手の夜這いかと思ったら違うらしい。
アマタの話はこうだった。シェルター内に大量に巨大ゴキブリが現れ住民を襲った。どさくさに紛れオレの父親がシェルターを脱走した。(もちろんオレは知らない)怒り狂ったアマタの父親でもあるシェルター監督官(最高権力者)が警備兵を使って父親の友人であり助手を拷問し殺害した。助手から情報を得られなかった監督官はオレを探している。オレを助手と同じ目にあわせたくないので助けたい。

なるほど、確かにノンビリはできない。手早くアマタから脱出経路を確認しアマタには帰ってもらうことにした。確かに手助けはありがたいがオレと一緒にいればアマタも危ない。何より足手まといだ。
一瞬アマタは悲しそうな顔をしたがすぐに納得してくれた。さようならだアマタ。

部屋を出るとすでに警備兵の手が伸びていた。問答無用で殴りかかってくる警備兵。いかれてやがる。
何とか退けて先に進むとブッチがいやがった。うすのろが!
「お袋を助けてくれ巨大ゴキブリに襲われてるんだ!」
ブッチは追い詰められていた。そんなブッチにオレは冷たい言葉を投げかけ哀願するブッチについに「お前の母親はもう手遅れだ。早く逃げるんだな。」と追い返すのだった。
しかし、ブッチを追い返した後ブッチの家に急行。見事にブッチの母親を救出した。ザマ見ろブッチ!貴様は恩人に礼を言う事さえできないのだ。
と思ったらブッチは玄関に立っていた。「ありがとうパンサー!お前最高だよ!オレの皮ジャンを受け取ってくれ!」…ちっ

途中アマタが監督官に捕まっているのを目撃する。あの野郎ついに気が狂ったようだな。娘を拷問してやがる。トラウマになるぞ…。見かねて拷問係を叩きのめしアマタを救出した。監督官は泡食ってやがったがオレはクールに監督官のポケットから手帳を抜き取り「あんたは終わりだ。」と言って去るのだった。

監督官の手帳からパスワードを手に入れシェルターのメインゲートを開ける。アマタに「一緒に来るか?」とたずねたが彼女は「やっぱり父を放って行けない。」だそうだった。
元気でな。アマタ。

ついにシェルターを出るときが来た。
無限の可能性を秘めた荒野がパンサーさんを待ち受ける!

ちなみにブッチの皮ジャンはシェルター出てすぐの所に投げ捨てた。
| the☆panther (みうら) | - | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
タイラント (2009/03/15 10:44 PM)
よっす、パンサー久しぶり!ってもうE加減にゲームネタもねーヨ!お外で遊んできな!酒飲んでゲームばっかやってるからコントローラーぶっ壊すんだよ!
タンゴ (2009/03/16 10:26 PM)
タイラントじゃねーかよ久しぶり!ゲームなんざ平日の夜しかやってねーよ。心配すんな。酔った勢いでコントローラーどころかゲーム機本体お釈迦にしたオメーに言われたらおしまいたぜ?









url: http://panther4444.jugem.jp/trackback/590